ENGLISH SITE
SVC東京
サイト内検索   
HOME 試験項目一覧 お問い合わせ 会社案内 サイトマップ
HOME > 土壌・地下水中の油分の試験・分析

土壌・地下水中の油分の試験・分析

土壌・地下水中の油分の試験・分析

当社では、石油関連施設の漏洩調査、浄化実験、対策工事を通じて、いち早く石油汚染土壌・地下水の分析に取り組みました。
一般的に石油汚染の調査においては、環境基準に定められるベンゼン、要監視項目として示されるトルエン・キシレン、石油汚染土壌ガイドラインに示される全石油系炭化水素(TPH)の定量分析が行われます。
石油汚染土壌ガイドラインにはTPHの試験法の一例が示されていますが、TPHの試験法は1通りに集約することはできません。
例えばガソリンなどの軽質油と重油などの重質油とを一つの試験法で正確に定量することは困難です。
また汚染土壌には、石油由来の炭化水素以外に、それらが変化した成分や動植物由来の成分なども含まれており、調査の目的に応じて適切な試験法を選択しなければ誤った解釈をしてしまう可能性があります。
当社では、これらさまざまな石油汚染に関わる試験・分析に対応が可能です。
また、昭石エンジニアリング株式会社との協力体制を整えており、土壌汚染現場ボーリング調査、リスク評価、さらに浄化工事まで対応が可能です。

試験項目一覧

環境分析(土壌・地下水)

 

■ 土壌汚染分析の流れ

土壌・地下水サンプルの採取

土壌・地下水
サンプルの採取

各種分析

TPH(GC-FID法)ガソリン、軽油、潤滑油相当留分の定量 イアトロスキャン分析(TLC-FID)、飽和分、芳香族分、レジン分、アスファルテン分等の組成分析
ガスクロマトグラフ(TPH) TLC−FID(イアトロスキャン)
BTEX、MTBE定量分析(GC/MS) 多環芳香族化合物分析
ヘッドスペース GC・MS(VOC) GC・MS(PAH)

株式会社 エス・ブイ・シー東京
〒243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町中津4052-2 
(昭和シェル石油(株)中央研究所内)
Email : support@svctokyo.co.jp
TEL:046-285-0583 
FAX:046-285-4092
(C) copyright 2003-2016, K.K. SVC Tokyo, All rights reserved.